Yusuke Muroi

  • <<

  • ■2014





    『ホワイトコンチネント』

    枯山水から着想を得て、路上に残った雪を大陸とみなし、写真で記録した。




    --------------------------------------------------



    『フラッシュバック』(写真作品)

    カラフルな反射材を配置し、夜間にフラッシュ撮影することで、一瞬現れる光景を記録する。




    --------------------------------------------------



    『洗濯バサミは個人の自由を主張する』

    私は野外制作(グラフィティ)を郊外でおこなうことが多かったが、都市でおこなうことを改めて始めてみようと思った。そこで、洗濯バサミを自身の「タグ」として都内のあらゆる場所に取り付けた。この試みは、中西夏之が『第15回読売アンデパンダン』に出展した『洗濯バサミは撹拌行動を主張する』に由来する。




    --------------------------------------------------



    『近郊』(写真作品)

    Peter Fischli & David Weiss(ピーターフィッシュリ&デビットヴァイス)の作品の邦題『均衡』に基づく。私は郊外の退廃的な駐車場で一時的に成立する彫刻を制作・記録し、それぞれにタイトルを付けた。最後の写真にいる猫はどこからともなく現れた。




    --------------------------------------------------



    『く』(写真作品)

    小さい頃に、水面に刺さった木の枝と、水面に映った木の枝を合わせて、「く」と読んだ記憶がある。
    これを水が引かれた田んぼで再現し、写真で記録する。




    --------------------------------------------------



    『登れない雪山の眺め』

    とある壁で発見した無数の白い修復痕を雪山とみなし写真で記録した。




    --------------------------------------------------



    『Technology(2)』

    2012年の『Technology(1)』と同様に本来の使用方法から離れ、技術を邪道に扱う試みである。レーザーカッターで稚拙な線を画面上に刻み込み、数十枚のドローイングを生産する。いくつかの昨品はLucio Fontana(ルーシオ・フォンタナ)やCy Twombly(サイ・トゥオンブリー)の作品のオマージュになっている。




    --------------------------------------------------



    『タイトル不明(集積)』

    アール・ブリュットをリスペクトし、そこから再構成や模倣的な作品を量産する。
    搾取・傲慢にも思え罪悪感が付きまとったが、その先に何があるのか見たかった。





  • <<
  • inserted by FC2 system