Yusuke Muroi

  • <<

  • ■2015





    『自由の錬金術(1)』

    大学の卒業制作作品。
    アール・ブリュットの概念と向き合い、1年かけて制作した絵や彫刻の集積を空間全体に展示した。手法はアナログとデジタルが混在し、正面のモニターにはこれまでインターネット上で発表したドローイングのスライドが流れる。過去の活動をまとめた40冊のスクラップブックも展示されている。

  • 〈当時のカタログ掲載テキスト〉





  • --------------------------------------------------



    『自由の錬金術(2)』

    (1)を別の場所で展示した。構成は異なるが同一の内容である。




    --------------------------------------------------



    『Small Smithson』

    グラフィティを拡張、更新するための作品。
    Robert Smithson(ロバート・スミッソン)のスパイラルジェッティから着想を得て、蚊取り線香を路上に配置する。




    --------------------------------------------------



    『タイトル不明(渋滞)』

    会場の窓の外で自動車の渋滞が起きていたので、それを再現する。




    --------------------------------------------------



    『Hope(To Not be Nailed by Capitalism)』

    この年の春から会社勤めをするようになったが、帰宅後や休日にドローイングを描きためていた。また、骨董に興味をもち、蒐集をおこなうようになった。ここではドローイングと、骨董品、そのほか2つの映像作品を展示している。1つは、こけしを逆さにして首を回す映像とBruce Nauman(ブルース・ナウマン)の映像を重ねたもの。もう1つは、ぬいぐるみで1人遊びをする映像である。




    --------------------------------------------------



    『その儀式』(写真作品)

    夜道を歩いていると、窓の向こうのカーテンが内側から照らされて、ぼんやりと光っていることがある。 小さい頃、そのような光景が怖かった。




    --------------------------------------------------



    『定点観測』(写真作品)

    職場に通う途中にゴムホースの置き方が日々変化する庭がある。私はその変化を写真で記録した。





  • <<
  • inserted by FC2 system