Yusuke Muroi

  • <<

  • ■2017





    『nuisance(洗濯バサミは個人の自由を主張する)』

    群馬青年ビエンナーレ2017の入選作品。
    出展が決まってから急遽美術館から要望があり、屋内から屋外への展示プランへと変更することとなった。そこで、2014年に都内で試みた「洗濯バサミは個人の自由を主張する」というグラフィティとしての作品を、今回の展示に合わせた形で制作した。




    --------------------------------------------------



    『覚束ない不確かな事実』

    街なかを会場とした展覧会での行為の記録。
    会場とするエリアとその周辺の数十か所で、深夜に制作をおこなった。




    --------------------------------------------------



    『地に足がつかない』

    平櫛田中の旧アトリエでの展示。
    この家にある椅子や机を一部屋に集めてひっくり返し、脚以外をすべてアルミホイルで覆い隠した。




    --------------------------------------------------



    『再構成』

    『地に足がつかない』で使用したアルミホイルが入っていた箱と、その芯で作られた彫刻作品。
    Le Corbusier(ル・コルビジェ)の建築から着想を得ている。




    --------------------------------------------------



    『再生』

    『地に足がつかない』の制作で発生した不用品を使った作品。多肉植物と同系色で塗り、生き物(植物)のような造形をつくる。これらは収穫された設定としてここにあり、その喜びをインスタレーションとして構成した。




    --------------------------------------------------



    『Charming Girls』

    古い伝統こけしに魅了され、蒐集・研究に時間を費やしている。 特に、小幡福松工人(1898-1968)が製作したこけしに強く感銘を受け、こけしや関連資料を集めこんでいた。分析的な研究結果よりも、そのこけしに対する執着心をこの作品では示そうとしている。





  • <<
  • inserted by FC2 system